免疫力を強化する|胆のうがんにも効果あり?癌の遺伝子治療の効果について知る

癌で弱っている体を強くできる!遺伝子治療について

免疫力を強化する

白衣の人

少し前までの癌の治療といえば…

癌の三大治療といえば、抗がん剤・放射線・手術になります。ですから、これらの治療は副作用が強くて過酷な治療となる可能性が高いのです。特に抗がん剤治療の副作用はとてもきつく、また精神的にも辛い症状が起こりやすいのです。それに、ステージが上がるについて体も弱っていることから負担が大きくなります。ですから、中には途中で治療をやめたいという人もいます。しかし、最近はこれまで過酷だった治療を緩和する併用可能な治療があります。それは、「遺伝子治療」と呼ばれている方法です。

遺伝子治療とは一体どんなもの?

遺伝子治療は、免疫細胞療法とも呼ばれている最新の癌治療になります。これは、自分の免疫細胞を体の外で培養させて活性化させます。そして、再度その細胞を体の中へ戻すという方法です。どうして、この方法が癌患者の体に良いのかといえば、癌を発症している人間の体は免疫細胞の働きが低下しています。そのため、体内で免疫細胞の働きを活性化させることができないので、一度体外に出してから細胞を培養したほうが効果的なのです。それに、体外で増やすことになるので、体内へ戻した時に免疫力を強化させることができます。そうすることで、癌の進行を阻止できるのです。

併用することで効果が高まる

免疫細胞療法は、他の癌治療と併用することができます。併用することで、副作用や体力の低下を防ぐことができるので相乗効果を期待できるのです。それに、患者の体から採取した細胞を培養して体内に戻した免疫細胞なので、副作用が起こったとしても一過性の発熱を伴うぐらいの症状です。そのため、免疫細胞療法の副作用の心配をすることがないのです。それに、体内に戻した免疫細胞は、癌細胞と正常の細胞を区別できます。そのため、癌細胞のみに攻撃して、正常な細胞にダメージを与える心配もありません。

どこの部位でも有効な治療法

癌という病気は、さまざまな部位に発症するので人によっては、自分の癌に効かないのではないかと心配する人もいます。しかし、免疫細胞療法は自分の免疫細胞によって免疫力を高めて癌を攻撃することになるので、部位によって効果を期待できないなんてあり得ないのです。また、再発した癌や転移した癌にも有効です。どんな場所に転移したとしても、血液中で活性化された免疫細胞は癌をしっかりと攻撃してくれます。なので、今まで諦めていた人も希望を持てる治療法になりますし、他の治療と併用して相乗効果を期待するのもいいでしょう。

年齢や体力制限は一切なし!

癌の治療は、状態によって治療を受けられないことがあります。三大治療に関しては、体力が低下していたり、高齢で治療を続けることが困難だったりすると医師の判断でストップしてしまうことも…。そうなると、将来に希望なんて持てなくなってしまい悲観的になってしまいますよね。ですが、免疫細胞療法に関しては年齢や体力制限というのは一切ありません。この療法は、患者の体へ負担や副作用が一切心配ないといわれているのでどんな人でも受けられます。それに、むしろ治療によって体力や生活の質の改善が見込めるともいわれているので、受けたほうがいい治療といえるでしょう。

広告募集中